about VIXIA
VIXIAについて
HOMEVIXIAについて > 沿革
沿革
株式会社ヴィクシア 沿革
2002年6月
 
三井物産メディア事業部が米国ダイレクトマーケティング大手 Bigfoot Interactive社(現Epsilon International社)と提携し、国内にてメールマーケティングサービスを開始。
2006年2月
 
三井物産株式会社メディア事業部よりウェブマーケティング事業を分社独立し、「三井物産ヴィクシア株式会社」 を設立。千代田区神田神保町にて業務開始。
2006年10月
 
三井物産株式会社と米国Advertising.com社の合弁会社であるAdvertising.com Japan社(現ベライゾンメディア・ジャパン株式会社)設立に伴い、同社広告商材の国内独占販売権を獲得。
2006年11月
 
米国デジタル広告代理店であるEfficientFrontier社のウェブ広告の最適化運用システムの日本国内独占販売権を獲得。検索連動型広告の費用対効果を最大化する広告運用サービスの提供を開始。
2009年3月
千代田区永田町に移転
2010年5月
 
ダイレクトマーケティング領域を強化すべく、株主がりらいあコミュニケーションズ株式会社に変更。社名を「三井物産ヴィクシア株式会社」から「株式会社ヴィクシア」へ変更する。
2012年10月
渋谷区代々木に移転
2013年4月
 
米国LivePerson社と提携し、ウェブ接客サービス「ライブエンゲージ」の販売、運用業務を開始。
2013年4
大阪市北区に関西オフィスを開設
2015年8月
 
サイバー・コミュニケーションズ、りらいあコミュニケーションズ株式会社及び当社にて、デジタルマーケティング領域における戦略的業務提携を締結。
2015年9月
 
WEBサイト制作、システム開発を展開する株式会社ナディア(現株式会社DECEM)へ株主を変更する。
2018年10月
港区六本木に移転
2020年5月
渋谷区神宮前に移転
株式会社VIXIA 沿革
2021年2月
 
株式会社ヴィクシアより新設分割により株式会社VIXIAを設立。同時に全事業、全従業員を株式会社VIXIAへ移管